小野塚彩那 結婚よりバイト?弟はソチで、実家の旅館・勝田屋も歓喜!父母も元選手?

投稿日:

スポンサードリンク


フリースタイルスキー女子ハーフパイプ、
小野塚彩那選手(25)が、ソチ五輪で銅メダルに輝きました!

資金不足や祖父の死など、苦難を乗り越えてのメダル。

家族の他に、石打丸山スキークラブのみなさんとの
熱い絆で勝ち取ったものでした。

140221_1038

プロフィール、父母も元選手?


小野塚 彩那(おのづか あやな)、25歳
生年月日・1988年3月23日
血液型・A型
身長・158㎝、体重・50kg
出身・新潟県南魚沼郡塩沢町(現在は南魚沼市)
学歴・新潟県立湯沢高等学校、専修大学商学部卒業
所属・石打丸山スキークラブ(地元の皆さんが出資し合い設立)
成績・2013年世界選手権3位、先月のワールドカップでは2位に!

スキージャンプで国体出場の経験がある父親、史郎さんのもと
2歳からアルペンスキーを始めます。

他に、母親と親戚の叔父さんも選手だったようで、幼い頃から
教えて手には不自由しない、恵まれた環境だったようですね。

小学3年にして新潟県大会で優勝。以後、数々の国内大会で上位に!
でもこれに満足せず「世界で戦いたい!」と思い始め。。。

その矢先、2011年からスキーハーフパイプが五輪種目に正式決定。
フリースタイルスキー選手に転向し、メダルを目指していました。

しかし転向した後に、困難が待ち受けていたようです。。。

スポンサードリンク

結婚よりバイト?


小野塚選手は独身です。
彼氏に関しても、情報はありませんでした^^;
調べてみると、どうやら恋愛どころではないようです。

2011年に競技転向してから、深刻な資金不足に悩まされていました。
スキーハーフパイプは新種目になったばかりで、スポンサーが付きづらく
国内にも整った練習施設がありません。

海外への遠征費は、1シーズンに300~400万円もかかるようです。
これを全て自己負担。。。

なので、春や秋は練習よりもアルバイトをしているとか。
昨年の稲刈りのアルバイト ↓

140221_1017


地元で稲刈り・建設作業・畑作業など、様々なアルバイトをして
費用を確保しているようですよ。

こういった姿を見て地元のみなさんが団結。
小野塚選手に資金援助する、サポータークラブを設立しました。

まさに所属の石打丸山スキークラブは、地元の思いが詰まったクラブ。
勝ち取ったメダルを思うと、胸に熱いものが込み上げてきますね。

弟はソチで、実家の旅館・勝田屋も歓喜!


小野塚選手のご家族は、父親・母親・弟がいらっしゃいますが、
母方の実家が旅館を経営されているようですよ。

※以下、新潟県南魚沼市石打の旅館「勝田屋」ホームページより

『春~秋の勝田屋は「お米を作り畑を耕す」農家です。
ここ石打は新潟魚沼のブランド米 「魚沼産コシヒカリ」の中心産地、
そのなかでも我が家のコシヒカリが一番になるように「夢」をもって
米作りや畑仕事に取り組んでいます。』

小野塚選手はこうした稲刈りや畑仕事を手伝っているかもしれませんね。
ホームページのリンク集に小野塚選手のサポーターズクラブも掲載!

支え合うご家族の熱い応援や、歓喜を見るとこちらも喜びが増します^^
現地のソチで応援! そしてメダル獲得の瞬間(お母さんと弟さん) ↓

140221_1030

あの瞬間、あの時の感動がよみがえりますね!

小野塚選手、銅メダル獲得後に祖父の遺影にキスをしました。
祖父とメダルを誓っていただけに、本当に嬉しかったでしょうね^^

今後もオリンピックでメダルを目指すそうです!
応援していきたいですね!!

スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.