中田英寿 17歳!【画像】驚異の原動力と凄さ!高校生と思えない名言!!

更新日:

スポンサードリンク


サッカー元日本代表の中田英寿さん。

現在は日本酒を世界に広めるため、
“JAPAN CRAFT SAKE COMPANY”という会社を立ち上げ
活動しています。

日本のサッカーを世界に広めた先駆者。

すでに高校時代から、
世界の自分を見据えていました!

プロフィール


本名・中田 英寿(なかた ひでとし)

生年月日・1977年1月22日

年齢・42歳

出身地・山梨県甲府市

血液型・O型

身長・175cm

学歴・韮崎高校卒業

8歳の時に兄の影響で、サッカー少年団に入りました。
中学生の時には、U-15(15歳以下日本代表)に選抜。

フィジカル面が評価され、
世界大会などは全て飛び級で出場する才能の持ち主です!

スポンサードリンク

17 歳


山梨県の韮崎高校に通う中田英寿さん。
他の高校生よりズバ抜けた目標を持っていました。

17 歳

出典:TBS「バース・デイ」


「海外のサッカーは日本と比べても
数段うまい所があったりするから
できればヨーロッパとか行って、
やりたい気持ちはありました」

当時は、海外選手となることは
ありえない状況でした。

ようやくJリーグができたばかり。
海外を視野に入れている高校生などいなかったでしょう。

サッカーの未来を見据えて、
計画もしっかり立てていたようです。

"U-17・U-19 の代表入り、アトランタ五輪出場"

この目標を見事にクリア。

ヨーロッパ遠征を経験したことで、
世界への思いはより強まったんだとか。

19 歳


19歳になった中田英寿さんは、
こう話していました。

19 歳

出典:TBS「バース・デイ」


「オリンピックへ、アジアで勝ち取って出ても
ボロ負けしたら意味はない。
自分を世界の場でアピールするチャンス」

10代から強い気持ちと自信があったのですね。

世界を夢見ることで自分を奮い立たせ、
スーパーゴールは生まれ続けました。

21 歳


21歳になった中田英寿さんは、
日本サッカーの司令塔。

1998年6月、W杯の初出場に導きました。

そして1998年7月には、
イタリアのセリアAに移籍。

海外での挑戦を試みます。

21 歳

出典:TBS「バース・デイ」


このあと、続々と日本サッカー選手は
海外で活躍するために移籍。

中田英寿さんは日本選手が世界で活躍できるよう、
道を切り開いた先駆者となりました。

もし一番乗りの中田英寿さんが、
本場ヨーロッパで活躍できていなければ
日本人の海外移籍はここまでなかったかもしれません。

引退後に世界を旅する中で見つけた、
「日本酒」の世界。

現在もなお、
チャレンジし続ける中田英寿さんは
永遠のスーパースターですね。

スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.