ピンク・レディー ケイ(増田惠子)現在に仰天!結婚した旦那や子供について

投稿日:

スポンサードリンク

 

70年代に大人気だったアイドル “ピンク・レディー”

女の子は誰もが憧れ、振り付けをマネたりしましたよね。

“ケイちゃん” こと増田惠子さんが2019年11月18日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」に出演し、現在の生活について明かしました。

夫との円満法や、ストイックな私生活に驚きです!

 

2018年末の「レコード大賞」にゲスト出演したピンク・レディー。

やはり2人そろうとカッコいいですね!

ピンク・レディー未唯mieさんのインスタより (右:増田惠子さん) ↓

 

 

増田惠子 プロフィール

本名・桑木 啓子(くわき けいこ)

生年月日・1957年9月2日

出身地・静岡県静岡市葵区

血液型・O型

身長・160センチ

学歴・常葉大学附属常葉高等学校

 

生みの親・育ての親

増田惠子さんは父親・母親・6つ上の兄・3つ上の姉の5人家族でした。しかし3歳の時(1961年)、父親が交通事故で他界してしまいます。

母親は働きに出ることになり、増田惠子さんは母親の姉夫婦に預けられました。しばらく生活を共にした後、叔母と離れるのが寂しくなったこともあり、姉夫婦の養子となります。

実母の家とも近かったので安心だったようですよ。

 

パートナーのミーと出会いデビュー

1971年、中学2年生の時に養子となったことでピンク・レディーのミー(根本美鶴代)さんがいる中学校に転校し、2人は出会います。

高校時代、2人一緒にヤマハのオーディションに参加。「ジョニィへの伝言」や「恋の衝撃」を歌って優勝しました。

翌年には本格的にボイストレーニングを開始。静岡県浜松にあるヤマハボーカルスクールに通い始めます。

 

ミーさんと “クッキー” というユニット名でヤマハポピュラーソングコンテストに出場。そして1976年、2人で “ピンク・レディー” としてデビューしました。

デビュー曲の「ペッパー警部」を始め「S・O・S」「カルメン'77」「渚のシンドバッド」「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」「サウスポー」「モンスター」「透明人間」など、数々のヒット曲で国民的アイドルとなりました。

 

ピンク・レディーの活動休止後と復帰

1981年、ピンク・レディーの解散後はソロ歌手として活動した増田惠子さん。デビュー曲「すずめ」は26.7万枚のヒットとなりました。

1989年には、IVS音楽出版バックアップによりフランスデビューを果たします。

さらに女優として映画・テレビドラマ・舞台にも出演。演技の才能を見せました。

 

2010年より、未唯mieさんとピンク・レディーとしての活動を再開しています。

2017年末の「第59回日本レコード大賞」に故・阿久悠氏が特別賞を受賞したことでピンク・レディーも特別ゲストとして出演。

2018年末の「第60回日本レコード大賞」にも、「UFO」でレコ大を取った当時の司会者・高橋圭三氏への追悼で再びステージで歌っています。

 

スポンサードリンク



 

ピンク・レディー ケイ(増田惠子)の現在に仰天!

美容は現在も徹底的

増田惠子さんは還暦を過ぎているのに超美肌。とても若々しい印象です。

これにはやはり日頃の努力があるようですよ。

朝晩、必ず行っているというストレッチ。入浴時には顔を、湯上りには身体をストレッチしているんだとか。

そして血行を良くして、炭酸パックを徹底的に行うとのこと。

 

炭酸パックとは

炭酸ガスを使用したパックのことです。 炭酸ガスの効果としては、代謝を高めて血行を促進させる以外に、水と脂のどちらにもなじみやすいため、肌の表面にある皮脂などの老廃物が取れやすくなるというものがあります。

 

ジェルの中に炭酸の粉末を入れて混ぜ、顔に塗った後にサランラップで覆うそうです。

お風呂の湯船は誰もがやすらぎの場ですが、増田惠子さんは日課をこなさなければならないので、やすらげないとのこと。

でもこの努力が美貌を保つ秘訣のようです!

 

現在、ピラティスで健康維持!

30歳前半の時にクラシックバレエを習い始めたという増田惠子さん。

今でも週に1度通い続けているんだとか。現在、180度に開脚できるほど!

さらにピラティス (テラピス) を7~8年ほど行っているとのこと。

増田惠子:「体幹を鍛えるためにやっています。」

 

ピラティス(テラピス)とは

西洋のヨガと呼ばれる「ピラティス」。体幹やインナーマッスルを鍛え、バランスのとれた体にすることを目的としています。高齢者や体に不調のある人でも無理なく取り組めるエクササイズです。

 

ピンク・レディーのイメージを裏切らないためにも、スタイルを維持しているといいます。

増田惠子:「ステージのパフォーマンスも昔以上にできるようにと思って。」

なんてストイックで向上心のある方なのでしょうか! 頭が下がります。やはり全国民を魅了したピンク・レディー!さすがですね。

 

ピンク・レディー ケイ 現在の画像

過去には突発性難聴やバセドウ病、メニエール病を患ってしまった増田惠子さん。病気後、ピラティス (テラピス) を開始し、現在は元気でイキイキされていました。

 

ピンク・レディー ケイ (増田惠子) さんの現在の画像

出典・テレビ朝日「徹子の部屋」月曜~金曜ひる12時から放送!

 

増田惠子 結婚した夫について

夫の名前と年齢差

増田惠子さんは2002年6月23日に、学年にすると4つ上の一般男性と結婚しました。結婚相手の名前は桑木知二さんといいます。

 

夫の職業

夫の仕事は音楽のミキサー技師です。ミキサー技師と言われてもピンと来ない方が多いかもしれませんね。

特殊な職業のようです。

 

ミキサー技師とは

ミキサーという音調音装置を操作して、複数の音のバランスを調整し、求められるイメージに合った音像を創り出す仕事。 ミキサーの仕事は高度な技術と音感を必要とし、ミュージシャンやアーティストに匹敵する音楽的な勘やセンスがなければ務まらない。

 

現在、桑木知二さんはコマーシャルやドキュメンタリーの映像を手掛けているとのこと。映像に合わせ音を創り出すなんて、なんだかカッコいい仕事ですね。

夫・桑木知二さんは、1986年に有限会社ギルド・ジャパンを設立。

1991年、株式会社ギルド・ジャパンに改称しています。

しかし2004年に、東京地方裁判所へ自己破産を申請されました。

結婚2年後には夫婦で大変な思いをされていたのかもしれません。

 

夫とのなれそめ

増田惠子さんと夫の桑木知二さんのなれそめはCMだったようです。

どのCMで出会ったのかは不明ですが、桑木知二さんが音楽のミキサーとして携わり、知り合ったのではないでしょうか。

増田惠子さんは過去にこのようなCMに出演しています。

 

日清製粉 「冷凍スパゲッティー」(1996年)

日清食品 「やきそば UFO」(1999年2月 - )

大一商会 パチンコ・キャラクター(2002年)

SHIDAX

ソフトバンクモバイル「ご近所さん」篇(2013年)

 

結婚した時期を考えると、2002年以前のCMの可能性が高いですね。夫の桑木知二さんは過去に、森永のCMにて受賞歴があり、優秀なミキサーです。

 

増田惠子 夫【画像】

一般男性なので「徹子の部屋」では顔は公開されませんでした。

身長が高く、並んだ姿は素敵なカップルといった感じですね。

 

増田惠子 夫・桑木知二さん

出典・テレビ朝日「徹子の部屋」月曜~金曜ひる12時から放送!

 

夫と手料理を楽しむ

増田惠子さんの結婚生活は謎に包まれていますよね。

「徹子の部屋」では、夫の桑木知二さんとの私生活に言及。とても興味深い番組となりました。

日頃、ピラティスや美容に心がけている増田惠子さんは食事も大切にしており、肉・野菜などバランスよく食しているんだとか。

 

毎日、手料理を楽しんでいるようです。おせち料理は見事なもの。野菜を煮てカラフルに盛り付けた写真が公開されました。自家製プリンなど、デザートも手作り。

夫もローストビーフの握り寿司を作るなど、一緒に楽しんでいるそうです。

結婚前の増田惠子さんの冷蔵庫には、化粧品とフルーツしか入っていなかったんだとか。現在はとても料理上手な妻になったようですよ。

 

夫とケンカがなくなった理由

44歳まで独身生活だった増田惠子さん。その暮らしに慣れたせいか、我が強くなったかもしれないと、当初は結婚生活に不安があったそうです。

増田惠子:「でも何も期待しない主人だったので、すごいラクに新婚生活が送れました。」

 

しかし、徐々に些細なことでもめることが増えてきたといいます。

そんな時、自宅に来ていた家政婦さんから夫婦として幸せに暮らしていけるというキリスト教の教えを聞いたとのこと。

“ゆずり合い、認め合い、幸せを築いていくもの”

こういった教えをいくつか紙に書き出し、部屋に貼っていたそうです。

するとこれを貼ってから、互いに相手を許す気持ちが芽生え、もめごとが一切無くなったんだとか。

これはどんな夫婦でも通用することではないと思いました。増田惠子さんと桑木知二さんの相手を受け入れる姿勢と寛大さがあったからではないでしょうか。

お互いを思いやることができる、とてもいい夫婦のようです。

 

子供について

実兄や実姉は20代の時に結婚されていますが、増田惠子さんが結婚したのは2002年、44歳の時でした。

そのためか子供は誕生していません。

でもこんなに互いを思いやれる夫婦であることが素敵ですね。

 

ピンク・レディーの元気な姿、活躍を見ているとパワーをもらいます。

今後も未唯mieさんと共に素敵な歌声を届けてほしいですね。

 

スポンサードリンク

-音楽

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.