子宮全摘出 腹腔鏡手術 体験者ブログ その3《 入院日と手術日 》入院期間・手術時間など

更新日:

スポンサードリンク

こちらでは、腹腔鏡手術での子宮全摘をお願いしたメディカルトピア草加病院 婦人科、入院日・手術日の様子や、入院期間・手術時間などについてお伝えいたします。

         体験者ブログ ◇ 目  次

◇ 入院1日目 ( 入院日 ) ◇

【 2019年 6月 】

入院期間6日間、いよいよ入院生活の始まりです。

● AM 11:00 ●

総合受付で入院手続きを済ませ、病室に案内してもらいます。

驚いたのが、4階の病室フロアに上がるためにはエレベーターの専用タッチパネルに暗証番号が必要なこと。

セキュリティーがしっかりしています!

● PM 12:00 ●

さっそく昼食(常食)が出ました。そして下剤を服用。

この日、遠方の母親に「母がくれた子宮に感謝してます」とメールしました。
子供たちと出会わせてくれた私の子宮、お疲れさま・・・

その後、麻酔科の先生や看護師さんから説明を受け、内診もありました。

おへその掃除や、術前から履く血栓予防の弾性ストッキングのサイズを計測。

アンシルク・プロJ( ハイソックス )


この日は色々な説明を受けますが、1つワクワクがあります♪

翌日の手術室で流す曲とアロマの香りを選ぶのです!

曲は有線チャンネルからの選択で、わたしはサザンにしました♪

アロマは一番人気のマンダリン♪ (オレンジ系の香り)

リラックスした状態だと、術後の回復にいいみたいですよ。
心づかいの行き届いた病院だな~と思いました。

● PM 4:00 ●

共同のシャワールームを借りて、念入りに洗髪。
次のシャワーは3日後です。

● PM 6:00 ●

夕食 ( 常食 )

● PM 8:00 ●

腸を空にして手術するため、浣腸します!
やっぱりトイレ付きの部屋で良かった~

● PM 22:00 ●

消灯。来るべき時は来た!覚悟を決めて就寝!!
でもドキドキして眠れない時は、睡眠導入剤を出してもらえるようですよ。

とにかくメディカルトピア草加病院の看護師さんは、みんな心温かく親切。
そして笑顔で接してくれました。

可愛らしくて優しい天使のような看護師さんたちが、日替わりで介護してくれたのです。

スポンサードリンク

◇ 入院2日目 ( 手術日 ) ◇

● AM 7:00 ●

2回目の浣腸です! そして朝食は出ず食止め。

● PM 12:00 ●

いよいよ手術です。私服のまま歩いて手術室へ向かいました。

手術を待つこと半年間。気持ちは前向きでした。

いざ、手術室の中へ!

扉が開くと、フワ~っとアロマの香り。サザンの歌に癒されました。

それに加え、手術室はかなり広い空間! 壁には木の葉がプリントされていて森の中にいるかのよう。

"こんな素敵な部屋で手術ができるんだ"と思い、テンションが上がりました。

他には、海の中や花柄の手術室もあるんだとか。

 

手術室の奥にそっと小堀先生がいました。何やら確認し準備をしている様子。

「よろしくお願いします」と会釈しました。

手術台に上がり上衣を脱ぎ、キャップをかぶります。横になると麻酔科の中野先生が優しくこう言いました。

「では麻酔していきますね~」

「はい、お願いしま~す」と答えたのを記憶しています。

それから一切覚えていません!

緊張感が増す前に、スッ~っと眠らせてくれました。

※ この麻酔科の先生は常に私の状態 (心拍数など)を観察し、小堀先生が手術しやすいように大きなサポートをしています。

● PM 1:30 ●

目が覚めると自分の個室に・・・
わたしの手術時間は69分間だったそうです。

しばらく眠くてダルい状態が続きました。
痛みは、麻酔が効いているせいか、さほど感じません。

手術中ずっと待っていてくれた夫に「もう帰っていいよ。大丈夫だから。」と、うつろな状態で何回も伝えたのを覚えています。

点滴や心電図、酸素マスクなどをたくさん付けて、重傷のような雰囲気だったせいか帰りづらかったかな。
しばらく見守ってくれていました。

口  → 酸素マスク
胸  → 心電図コード3本
お腹 → 導尿管と手術創からのドレーン
両足 → 血栓予防のエアーポンプ
右手 → 人差し指に血中酸素濃度モニター
左手 → 点滴

● PM 3:30 ●

あっという間に術後2時間が過ぎ、寝返りがOKに。
背中が固まって痛い・・・

ベッド横の鉄柵を両手で引っ張り、頻繁に寝返りました。
多数の管を気にしながら・・・

ここで1つ、重宝したものが!

それは病院が貸し出してくれたデジタル時計
チラチラ時間を確認できるのが良かったです。

その後、酸素マスクが取れてラクになりました。
しかしお腹に、生理2日目の重たい痛みが・・・

麻酔の副作用で吐き気もあったので、点滴に痛み止めと吐き気止めを混ぜてもらいました。

看護師さんが「うがいしましょうね」と言ってくれて、渇いた喉も快適に。

術後の夜が、がんばりどころ!

これで生理痛が無くなるんだと前向きに挑みました。

たくさん読んだみんなの体験者ブログ。誰もが "ツラい夜" と言っています。

「これかー!」と共感しながら耐えました。

朝が来れば、ほとんどの管が抜けます。

もう一息!!

術後は看護師さんが頻繁に来てくれるので、宝のように握っていたナースコールは、結局1度も押しませんでした。

つづきはこちらです ↓

「 その4. ≪手術後から退院まで≫ 痛み・出血・回復具合など

スポンサードリンク

-医療

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.