竹内まりや 現在【画像】夫・山下達郎との曲作り秘話を激白!「関ジャム」テレビ出演

更新日:


「駅」や「いのちの歌」など、
数々の名曲を生み出した竹内まりやさん。

テレビ出演は少なく、
謎めいたアーティストですよね。

5月12日、テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」
竹内まりやさんがインタビュー出演!

山下達郎さんとの知られざる
作曲秘話を明かしました。

馴れ初めは、
山下達郎さんが曲のアレンジャーを担当していたこと。
現在も "おしどり夫婦" として有名です。

1982年に結婚

出典:テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」毎週日曜よる11時10分放送!

  

夫・山下達郎との曲作り秘話を激白!


テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」では、
竹内まりやさんが直接、質問に回答。

約2時間のインタビューで、
音楽的ヒミツを色々と語ってくれました。

◆ シンプルな歌詞(言葉)が多いけど、あえて? ◆

昔は欧米のポップスが訳詞化された時、
「けんかをやめて」等のシンプルなタイトルが多かった。

「椎名林檎さんのような歌詞にも憧れるけど、
自分のキャラには合わないので
オーソドックスな言葉を選んでいます」

還暦をすぎ、若い人とのズレを気にする部分も。
しかし世代すべてが共通する感情を見つけたいとのこと。

こういった思いから、
幅広い年齢層に共感されるわけですね。

出典:テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」毎週日曜よる11時10分放送!

  

スポンサードリンク


◆ 「純愛ラプソディ」はダブル歌唱、なぜ? ◆

「ちょっと歌に自身が無かったからなんです」

アレンジも穏やかで、シングルでやるには
強さが足りないなと自身で判断。

「"アレンジャーは曲のかなめを握っている"、
それを山下達郎でできることを
すごくありがたいと思っています」

「夫へのご飯作りも、
素晴らしいアーティストを支える創作活動です」

夫を信頼し尊敬できる、
とてもいい夫婦関係なのですね。

◆ 曲作りをどう分担している? ◆

デモの段階で具体的に音像が見えていて、
この楽器を入れたいと、
山下達郎さんに伝えるんだとか。

山下達郎さんが、
別のアイデアを出してくることもあるようです。

コードなど生理感にないものは、
自分の言ったものに戻してもらい、
最終的には自身で決断。

「許容していくと、
曲が山下の世界になってしまうので」

こういった、
音楽ができるまでの夫婦のやりとり、
興味深いですよね。

竹内まりやさんの偉大さは、
このような言葉からも感じ取れます。

「達郎自身の音楽と、
違う部分がある接点を持つことの面白さが
私のプロジェクト」
「夫との化学反応も楽しい」

長い年月が経つ曲も、
自然にスッと入ってくる歌詞。

いつまでも色あせないのは、最先端にとらわれず
変わらないものを続けて行こうという
気持ちが強いからなのですね。

竹内まりやさんは、40周年の記念アルバム

「Turn table」を8月21日に発売!

歌声、歌詞、曲、すべてに癒され
穏やかな気持ちにさせてくれそうですね。

スポンサードリンク

-音楽

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.