羽生結弦【画像】かわいい幼少期から成長の記録!金メダルへの道!!

投稿日:

スポンサードリンク


氷上のプリンス、羽生結弦さん。

プーさんを抱きながら見せる笑顔は
かわいいですね

一方で、試合では真剣な眼差し。
カッコいい!

そのギャップに、
女性ファンはメロメロですよね。

そんな羽生選手の子供時代から、
現在までの成長ぶりを
いいとこ取りでピックアップします!

小学6年生


当時11歳、可愛らしい口調で
こんな事を言っていました。

この頃、取材をすると音声機材に興味津々

出典:フジテレビ「平成スポーツ命場面SP」


「幼稚園の頃からずっと遊べないんで」

「でも一番スケートが楽しいと思うから、
だからオレはそれでもいいかな」

みんなに綺麗なところを
見てもらいたいと話していました。

遊びたい気持ちもあるけど、
スケートへの向上心が
この頃から強かったようですよ。

「学校では、みんなを笑わせるおチャラけキャラだそうです」

照れくさそうに話す姿。

みんなを気づかう明るい性格は、
今でも健在ですね^^

中学時代


中学生になると、グッとお兄さんに。

世界ジュニア選手権に出場したため、
卒業式はたった一人で
別の日に行いました。

ひとり卒業式

出典:フジテレビ「平成スポーツ命場面SP」


「中学生活が終わり、いよいよ高校生になるんだなと。
また新たに頑張っていこうと思いました」

そんな決意をして、
高校生になった2011年、東日本大震災が起こります。

スポンサードリンク

高校時代


2011年3月11日、東日本大震災。

この時、仙台のホームリンク「アイスリンク仙台」で
練習中だった羽生結弦さん。

一般の方もリンクで滑っていたため、
一緒に避難しました。

この経験から、
"地元、宮城のために金メダルを取る"と決意。

ホームをカナダに移し、
猛練習を積み重ねます。

「本当は仙台に残っていたかった」

被災した方たちを"置き去りにしてしまう"
という感情からの言葉。

さぞかし複雑だったでしょうね。

2012年、世界選手権

出典:Wikipedia


初出場で、銅メダルを獲得します。

高校卒業後から現在


2014年、19歳でのことでした。

ソチ五輪で金メダル!

日本男子、初の金メダル。

「震災の後にスケートができず、やめようと思った」

「生活することすら精一杯でギリギリの状態だった」

精神的に追い込まれた状態での快挙。
本当に素晴らしいですよね。

強い志の結果、金メダル

出典:フジテレビ「平成スポーツ命場面SP」


その後、

2015年のGPファイナルでは、
さらに世界記録を塗り替えて男子初の3連覇を達成。

史上初の300点超えを出しました。

そしてこのまま、
平昌オリンピックを狙おうとしていた矢先のこと。

2017年11月、練習中に右足首じんたい損傷。

五輪出場まで、あと3か月の出来事でした。

しかし2018年、平昌オリンピックに出場!

66年ぶりの連覇を達成しました!!

フリーでの演技

出典:フジテレビ「平成スポーツ命場面SP」


フリーの演目、「SEIMEI」は力強く
羽生選手の成長ぶりを感じさせましたね。

大きなプレッシャーもある中、
堂々とした演技でした。

被災者含め、日本中が心奪われ
感動をもらいました。

羽生結弦選手の生き様は、
たくさんの人に勇気と希望を与えていますね。

今後、ファンとしても精一杯、
選手生活を応援したいですね。

スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.