野村克也 死因や病名について 「嫁・沙知代への愛」子供・克則の現在

投稿日:

スポンサードリンク

 

4球団の野球監督を務め、日本一に3度も導いた名指揮官、野村克也さん。

2020年2月11日、84歳にて他界されました。

テレビ番組でも妻・沙知代さんと度々共演し、夫婦で一躍人気に。

「ノムさん」として親しまれ、国民に好かれる存在でした。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

野村克也さん 若い頃、妻・沙知代さんと【画像】

 

野村克也さんの死去は速報で伝えられています。

出典・フジテレビ「ノンストップ!」毎週月曜~金曜 午前9時50分から放送!

 

野村克也 プロフィール

野村克也(のむら・かつや)

生年月日・1935年6月29日

出身地・京都府竹野郡網野町(現在:京丹後市)

身長・175cm

学歴・京都府立峰山高等学校

 

野村克也 経 歴

選手として

京都府立峰山高等学校の野球部は強豪ではありませんが、野村克也さんの才能を見た顧問が、複数の球団監督に推薦状を送りました。

その結果、野村克也さんは南海ホークスに入団します。テスト入団のため、契約金はゼロでした。

入団後は相手チームの研究を重ね、スラッガーとして才能を発揮します。

1957年、本塁打王のタイトル。また連続本塁打王を8年連続で獲得。1965年には三冠王など打者として偉業を成し遂げました。

1980年までロッテや西武で名捕手として活躍。

通算成績は、3017戦の試合に出場し2901安打、1988打点、657本塁打、打率2割7分7厘でした。

MVPは5回。ベストナインは19回受賞しています。

 

監督として

監督時代も大活躍。

1970~1977年は「南海」でプレーイングマネージャー。

1990~1998年、「ヤクルト」。

1999~2001年は、「阪神」。

その後、社会人野球「シダックス」の監督を3年間務めています。

2006~2009年まで「楽天」で指揮官をとっていました。

「ヤクルト」の監督時代には、1992年にリーグ優勝へ導き、1993年、1995年、1997年と3年も日本一に輝かせています。

 

スポンサードリンク

死去、死因や病名について

報道によると、野村克也さんは2月11日の深夜2時に救急車で自宅から搬送されたとのこと。

その後、病院にて死亡が確認されました。最近まで元気な姿を見せていた野村克也さん。

1月21日には、昨年10月に急性胆管炎による敗血症で他界した金田正一さん(享年86歳)のお別れの会に出席しています。

さらに1月25日には、4年間指揮を務めた「シダックス野球部」のOB会にも出席。

野球ファン以外、バラエティー番組で野村克也さんを知った人々にも突然の別れとなり、大変ショックな訃報となりました。

まず死因として考えられたのは、2010年に解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)という病気で入院していたこと。

 

解離性大動脈瘤とは

血管が細くなり、血流が悪くなることで様々な症状を引き起こす。
突然起こる病気で、破裂すると命の危険を伴う。

 

実際の死因は妻・沙知代さんと同じ虚血性心不全とのことでした。

 

虚血性心不全」とは

心臓に十分血がいきわたっていない状態が「虚血性心疾患」。
心臓の筋肉(心筋)に血液を送り酸素と栄養素を供給する冠動脈が、動脈硬化等で狭くなったり、血管がけいれんを起こしたりすることで、血液が十分に心筋にいきわたらなくなったとき、心臓は酸欠(虚血)状態となり、胸痛等の症状としてあらわれます。

 

年配の方に多く現れる症状。息子の克則さんは夜中に電話をもらい、いまだ気持ちの整理がつかないとのことでした。

 

嫁・沙知代への愛「めっちゃ寂しい」

妻の沙知代さんは野村克也さんを支えながら、バラエティー番組でタレントとしても活躍していました。

毒舌が人気で注目を浴び、「サッチー」というニックネームで番組に引っ張りだこ。恐妻のイメージもありましたが、野村克也さんにとっては素晴らしい妻だったようです。

 

出典・フジテレビ「ノンストップ!」毎週月曜~金曜 午前9時50分から放送!

 

50年間連れ添った沙知代さんに対して、過去に深い愛を語っています。

 

私の人生において、唯一、絶対的なもの。

それはいつも沙知代がいる、ということだった。

このがらんどうの人生を、私はいつまで生きるんだろう。

出典・2019.4.28「現代ビジネス」講談社

野村克也さんがいま明かす「沙知代さんが亡くなった瞬間のこと」

 

野村克也さんと沙知代さんさんは外出することが無く、出不精だったといいます。自宅ではテレビ鑑賞が大好きだった2人。

しかし、一緒にそろって観ることは無かったとか。同じ番組を観ることも多かったようですが、部屋は別々。

仲が悪かったわけではないですが、別居状態だったのですね。

誕生日プレゼントやデートもほぼ無かったといいます。

互いが50代になると、極力干渉し合わないという夫婦のルールが自然と染みついていったとか。そんなさっぱりした夫婦関係ですが、沙知代さんが最期を迎えると無性に寂しくなったようです。

 

他界後、自宅部屋には沙知代さんの写真をたくさん飾った野村克也さん。

2018年7月にフジテレビ「ノンストップ!」で妻・沙知代さんへの思いを明かしています。

「家の部屋に入ったら奥さんの写真だらけだよ。これからは写真撮りたくても本人がいないんだから撮れないでしょ。」

「本当に俺も後を追いかけて、あの世へいきたいぐらいだよ。」

「めっちゃ寂しい。めっちゃ寂しいのと、男の弱さを痛感しています。」

 

沙知代さんの生前は、互いが空気のような存在だったようです。いざ、いなくなってみて初めて痛感したのですね。

夫の浮気に対して明かした沙知代さんの言葉が今でも心に残っています。

「そんなの気にしてたら、身が持ちませんよ。」

夫を愛してるがゆえ、あえて干渉を避けていたのか!?

 

そんな2人は、2010年に「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー2010」を受賞しています。

長く夫婦生活を共にするなら、余計な干渉はせず、ほど良い距離が大切なのかもしれませんね。

 

子供(息子)・克則

野村克則 プロフィール

野村克則(のむら・かつのり)

生年月日・1973年7月23日

出身地・東京都目黒区

身長・178cm

学歴・堀越高校、明治大学

 

通算222試合に出場。4本塁打、17打点、打率1割8分5厘。

引退後は「楽天」「巨人」「ヤクルト」でコーチを歴任しています。

 

野村克則 現在は

野村克也さんと沙知代さんの間には子供が1人。息子の克則さんがいます。幼い頃から野村克也さんの元で野球の基礎を学んでいました。

明治大学を経て、1995年のドラフト3位で「ヤクルト」に入団。

「阪神」「巨人」そして「楽天」でプレーし、2006年に現役を引退しています。

その後、2軍育成コーチに就任し指導者に転身。当時の監督は父・野村克也さんでした。

根気強さと情熱、そして選手1人1人の悩みを考えてあげるなど、父親からアドバイスをもらいます。

そうして5年間、父親の下で学びながら大量の情報を頭に詰め込みました。

父親から教えてもらった数々の知識はノートに書き込み、一生の宝物だといいます。

ときどき見返すというノート。父親が亡くなった今、かけがいのない財産となったことでしょう。

2019年は「楽天」の2軍バッテリー兼守備作戦コーチを任されていました。

おそらく野村克也さんの葬儀は、息子・克則さんが喪主を務めることになるかと思われます。父親との思い出が溢れ、悲しみは計り知れないでしょう。

 

野村克則【画像】

本人のTwitterより(左側) ↓

 

 

野村克也さんは「ぼやきのノムさん」とも呼ばれ、数々の名言の持ち主。

今後、それが聞けなくなると思うと寂しいですね。

 

スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.