森友哉 西武ドラフト1位 経歴と年俸は?元ヤンキー?人命救助で感謝状?

更新日:


2013年のドラフト会議で西武から1位指名された、
大阪桐蔭高校の森友哉(モリ トモヤ)捕手(18)。

打撃力があり、三振も少ないキャッチャーで注目を集めています。

過去には、ヤンキーだったのでは?という噂もありますが、
11月に人命救助し、JR西日本から感謝状を贈呈されました。

そんな森友哉捕手について、お伝えします!

感謝状を受け取る久米健夫捕手(左)、森友哉捕手(右) ↓

PN2013120901001835_-_-_CI0003

出典 共同通信

西武ドラフト1位 経歴と年俸は?


大阪府堺市出身の森友哉捕手、身長は170㎝と小柄です。

幼稚園から野球を始め、中学3年では野茂英雄が設立したクラブチーム
の中から「NOMOジャパン」に選ばれ、渡米し試合を経験。

そして、大阪桐蔭高校時代は甲子園に連続出場し、先輩の藤波投手
(現・阪神)とバッテリーを組んでいました。

今年、プロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位指名を受け
11月28日に契約金1億円+出来高5000万円、年俸1300万円で仮契約。

右投左打で「打てるキャッチャー」として、
西武に貢献まちがいなしと期待されています。

50メートルは6秒2で、遠投は100m、たのもしいルーキーですよね!

元ヤンキー?


ネットで森友哉捕手を検索すると、「ヤンキー」と出てきます。

調べてみると、「中学生時代はヤンキーだった」と特攻服姿の画像や
ヤンキー風のプリクラが出回っていました。

でも一部による投稿で、確実に本人という根拠はなく、
信ぴょう性の低いものという意見が大半でした。

森友哉捕手は、中学時代も堺ビッグボーイズというチームに所属し、
毎日野球。高校は恋愛禁止、携帯禁止の規律正しい全寮制の大阪桐蔭高校。

遊んでいる暇は無いようですね。

たとえ過去はそうだったとしても、人命救助をして表彰された
現在の森友哉捕手に注目したいですね。

スポンサードリンク

人命救助で感謝状?


西武に入団が決まった森友哉捕手は11月、大阪市浪速区のJR新今宮駅で、
線路に転落した男性を、同校の久米健夫捕手(18)と協力して救助しました。

2人は16日の朝、通学途中でした。
白いつえを持った70代くらいの男性が新今宮駅のホームから転落。
2人が線路に降りて男性を担ぎ上げたそうです。

駅員が落下した男性の対処中、2人はそのまま登校しました。

駅員が大阪桐蔭高野球部のカバンを目撃していたため学校に連絡。
男性は軽症で済み、2人に感謝状を贈ることを決めたようです。

名のらないまま、その場を立ち去ったんですね。
正義感の強い2人。とっさの行動力には頭が下がります。

「体が反応して、助けられて良かった。2人の息がぴったり合いました」

笑顔でこう答えたようですよ。
その勇敢な姿は、プロ野球界での戦いに通ずるものがありそうです。

西武にとってはより一層、期待できる新人が入ったと言えますね。
JR西日本は、本日午後に感謝状を贈呈したようです。

スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.