♪キャラ弁 簡単!? 鬼に豆まき 節分弁当の作り方・レシピ♪

投稿日:

スポンサードリンク

 

やはり季節のイベントものを作っていきたい!

2月は節分ということで「鬼に豆まき 節分弁当」を作りました。

我が家は小学校2年生になった時、豆まきに興味が無くなったようで終了(;''∀'')

部屋が散らかったけど、今となってはいい思い出です。

子供も喜び、自分も達成感を満喫。

仕上がりのイメージが、参考になればと思いアップしました!

 

 

準備するもの

鬼の食材

黄身だけの薄焼き玉子焼き →  顔

焼きそば         →  髪の毛

人 参          →  つの

はんぺん         →  歯

海 苔          →  つの、目

カニカマ         → 口

 

升に入った豆

さつま揚げ        → 升

大豆の煮物        → 豆

 

道 具

クッキングシート(半透明)、油性マジック(細)、ハサミ、包丁、つまようじ、ピンセット、ストロー

 

作り方の手順

1. ネットでお弁当箱に入る原寸大のキャラクター画像を見つけ、プリントアウト。(ときには拡大縮小も)

2. プリントアウトしたキャラクターにクッキングシートを乗せて透かし、マジックペンで写し書きします。

3. 目や鼻など、パーツごとにクッキングシートをハサミで切り取ります。

4. 切り取ったパーツをそれぞれの食材に乗せて、ハサミや包丁でカット。

5. イラスト原本を見ながら、目や鼻など配置に気をつけて、マヨネーズをボンド代わりに貼りつけていきます。

6. 最後におかずを詰めて、できあがり。(おかずを土台にするときは先に詰めます。)

 

スポンサードリンク

 

鬼に豆まき 節分弁当のポイント

◇ 頭のツノは人参を塩・砂糖・バターで煮たものです。

◇ 顔は黄身のみに塩を入れた薄焼き玉子。湯呑でくり抜きました。

◇ 口のカニカマは、赤い部分をはぎ取りつなぎ合わせています。

◇ 豆は市販の煮豆です。

◇ 升の中に入っているように見立てました。さつま揚げを切り取り、溝を作って豆を乗せています。

◇ 細かいパーツは、つまようじやピンセットを使い貼りつけました。

 

 

今回、キャラ弁をサイトに載せたのは、大学生の息子の一言。

「せっかく作ってきたんだから載せたら?」

幼稚園時代から一生懸命つくってきたキャラ弁。

わたしはネットで、色んなママたちが作ったキャラ弁画像を参考に、イメージをつかみ作り続けました。

子供たちにとって今でも "頑張ってキャラ弁を作ってくれたお母さん” として思い出に残ったようです。

わたしのキャラ弁が簡単かどうかは分かりませんが、完成のイメージとして役立てば幸いです♪

スポンサードリンク

-キャラ弁

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.