片岡譲シェフ 息子・宏之シェフと結婚した妻の現在!自宅を公開  

更新日:

スポンサードリンク

 

一流イタリアン料理人・片岡譲シェフが、12月14日の日テレ「メレンゲの気持ち」に登場。

自宅のキッチンでランチを創作し、自宅部屋を公開!

結婚した妻・片岡長子さんや息子の片岡宏之シェフと、現在も協力し合いながら素敵な生活を送っています。

 

 

プロフィール

片岡 譲 (かたおか まもる)

生年月日・ 1948年9月15日 

年齢・71歳

出身地・東京都

血液型・不明

身長・不明

学歴・東京都立田園調布高等学校卒業

 

生い立ち ~父親の他界~

4人兄妹の末っ子として生まれた片岡シェフ。生まれて間もなく父親が他界してしました。母親が自宅を下宿屋として開業し、経営しながら育て上げています。

学生や会社員など、下宿する様々な人たちと触れ合う環境。そのおかげで、母子家庭でありながら楽しくにぎやかな毎日を送ったといいます。

たくさんの下宿人と過ごすことで、人懐っこい性格に。

片岡シェフの親しみやすい雰囲気は、子供の頃から培われたものなのですね。

 

中学時代、運命的な出会い!

母親は以前、知人である外交官の家で家政婦を務めていました。

片岡シェフが中学生のある日、その外交官の奥さまが手作りしたカルボナーラをごちそうになります。その味が今でも記憶に残り、衝撃だったとのこと。

しかし高校時代は工業デザイナーを目指し、美術部に所属。芸大を目指すも2浪してしまいます。

そんな時、外交官が「コックになって私に付いてきなさい」と一言。

日本総領事付きの料理人としてミラノへ同行することで、運命が変わりました。

 

店名「アルポルト」の理由

20歳にしてミラノへ行くと、鍋洗いや刻みの修業で料理人の厳しさを目の当たりに。努力家で冒険心が強い片岡シェフの心が奮い立ちます。

そんな時、ミラノにあるレストラン「アルポルト」に魅了されました。店主のドメニコ氏が経営する魚介料理の専門店。

※ イタリア語で、アルポルト(Al Porto)は “港にて” という意味です

当時23歳の片岡シェフは何度も「アルポルト」に足を運んだとのこと。

 

1983年、35歳頃になるとついに自身のお店をオープン。

自分の店に「アルポルト」という名前を使わせてほしいと、ドメニコ氏にお願いし了承を得ました。

20歳からミラノに渡ること14年。

修行を積み重ねた片岡シェフ、自身のお店「リストランテ アルポルト」は現在一流店となり、イタリア料理ブームの火付け役となりました。

 

 ◇ “生い立ち~店名「アルポルト」の理由” までの参考文献 ↓

「エピレシピ」片岡譲シェフ プロフィール

 

「リストランテ アルポルト」の場所

片岡護シェフが素材を活かして創作する最高級のイタリアン。

ぜひ一度、訪れてみたいですね。

 

【 住 所 】   東京都港区西麻布3-24-9 上田ビルB1F

【 アクセス 】◇東京メトロ日比谷線 広尾駅 3番出口

                     ◇東京メトロ日比谷線 六本木駅 1a出口

        ともに徒歩9から10分

                     ◇都営大江戸線 六本木駅 3番出口、徒歩12分

               ( 西麻布交差点より徒歩3分 )

 

「リストランテ アルポルト」より

季節の食材を使用した、優しい味わいのお料理をランチや
ディナーでお召し上がりください。

素材の持ち味を生かし、目でも楽しめる華やかなお料理の数々は、
ご来店のたびに新しい発見と驚きをご提供できるよう
心を込めてご用意をしております。

 

お店の公式ホームページから、オンライン予約も可能です。

「リストランテ アルポルト」公式ホームページ

 

スポンサードリンク

妻・片岡長子はマネージャー!

片岡シェフは現在、約100平米のマンションで妻・片岡長子さんと暮らしています。

長子さんは片岡シェフのレストランで、業務の管理や運営の責任を担うマネージャーを務めているとのこと。

子供を育てながら経営にも携わり、まさに縁の下の力持ち。多忙ながら自宅では、夫の体に気づかい和食をメインに手料理しているそうです。

食器棚には数々の和食器がズラリ。

片岡シェフいわく、自宅では “炊き立てのご飯・豆腐とナメコの味噌汁・白菜のお新香” これだけあれば十分なんだとか。

やはり日本食が一番ほっこりできるのかもしれませんね。

 

「リストランテ アルポルト」の開店当初は、来店者数が少なく夫婦で不安を抱えたといいます。

しかし子供の顔を見ていると、自然と活力が出たとのこと。

“石の上にも三年”

夫の腕を信じ、ひたむきに支え続ける日々。

そんな中、女優の有馬稲子さんがお店を朝日新聞で紹介されました。その後お客様が続々と来店したそうです。

しだいに料理や店の雰囲気などが広まり、人気店へ。

当初、不安定な収入の中での子育ては、長子さんにとってかなり心配だったでしょうね。

 

妻・片岡長子【画像】

妻の長子さんの情報はかなり少ないようです。

2016年2月5日号「週刊朝日」より抜粋された「AERA dot.」にご夫婦のやり取りが掲載されています。

長子さんの写真も! ↓

「AERA dot.」家では和食が並ぶ…イタリア料理シェフ・片岡護の食卓

 

子供について

息子・片岡宏之シェフ!【画像】

 

片岡シェフと妻・長子さんの間には、娘と息子がいます。

息子の宏之さんは、同じく「リストランテ アルポルト」に勤めるシェフ。

片岡宏之シェフのプロフィールが「pen-online」にて掲載されていました ↓

 

片岡宏之シェフ プロフィール

1982年、東京出身。「リストランテ アルポルト」オーナーシェフ片岡護の長男として生まれる。

父の仕事に憧れて料理の世界に飛び込み、「ドン アルポルト」から修業をスタート。2006年にイタリアへ渡り、トスカーナ、ピエモンテなどのリストランテで修業を積む。

帰国後、東京・渋谷の「テオプロマ」にてパティシエ修業を積んだ後、現在は「リストランテ アルポルト」に勤務。メディア出演や料理教室など、活動の幅を広げている。

出典:「pen online」純米酒がもっと美味しくなる片岡宏之のふだん飲みレシピ

 

父親の背中を見て育った宏之さん。片岡シェフも息子の成長する姿が頼もしく、心の支えになっているかもしれませんね。

今後、メディアでの親子共演に期待です。

 

孫は双子!「メレンゲの気持ち」にて

12月14日の日テレ「メレンゲの気持ち」の “突撃!芸能人のお宅で昼ごはん” では、久本雅美さんが片岡シェフの自宅へ訪問。

トマトソースのピザトースト、アマトリチャーナ、鶏もものグリルのディアボラ風を創作されました。

片岡シェフの趣味は、“食器コレクション” 。集め始めて50年になり、海外で購入したものが多く、食器棚に並んでいます。高い物は1皿10万円の物も!

 

さらに自宅にはよく5歳の孫が遊びに来るとのこと。

そっくりな双子の女の子。8か月頃から離乳食を作ってあげていたといいます。

一流シェフの離乳食は気になるところ。

現在、片岡シェフにとって可愛い孫の成長は、明日への活力かもしれませんね。

 

スポンサードリンク

-未分類

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.