Matt(桑田)元CAの母 テレビ出演!画像・本・職業「父の野球が大嫌いで…」

投稿日:

 

2022年9月25日放送のTBS「週刊さんまとマツコ」に母親がテレビ初登場!Mattさんのスゴさを熱弁!

2019年8月18日放送の日テレ「行列のできる法律相談所」では、Mattさんが父親との野球の思い出について語りました。

自分で鼻を殴り流血した過去とは?

インスタグラムでは、父親や母親とのツーショット画像を公開!

 

Matt(マット) プロフィール

本名・桑田 将司 (くわた まさし)

生年月日・1994年7月18日

出身地・東京都世田谷区

血液型・A型

身長・181cm

学歴・堀越高校、桜美林大学の芸術文化学群・音楽専修

父親は、元巨人軍の名投手・桑田真澄さん。現在は野球解説や野球評論家として活動しています。兄は元プロ野球独立リーグの選手で桑田真樹さんといいます。

Mattさんは小学生の時から野球を始めますが、7歳の時に父親がリハビリで弾いていたピアノにも出会いました。

しだいに音楽に興味を持ち、高校では吹奏楽部に所属しアルトサックスを担当。

3年生の時には部長を務め、「第52回東京都高等学校吹奏楽コンクール」で金賞を受賞しています。

Mattさんの現在の職業は、タレント・アーティスト・モデル。その活動を通じ、ジェンダーレスや個性を重視した存在で、テレビやイベントなどの多方面で活躍中です。

 

Matt(マット) 「父の野球が大嫌いだった…」

2019年8月18日放送の日テレ「行列のできる法律相談所」に、モデルのMattさんが出演。父親との学生時代のエピソードを明かしました。

小学生の時から父親に野球を教えてもらったMattさん。この時すでに美意識が人一倍高かったとのこと。

「坊主頭イヤだな~」「土で汚れるのイヤだな~」「日焼けするのイヤだな~」

体育祭では学校で一番足が速いと言われ、毎回アンカー。2歳年上の兄よりも、野球のセンスがあったといいます。しかし、野球の練習が大嫌い。

練習中にこっそりコブシで自分の鼻を殴り、鼻血を出したことも・・・

コーチ:「鼻血が出てるぞ、熱中症かな。休憩しなさい。」

そう言われると練習をさぼり、ベンチで休んでいたのだとか。小学生時代の野球練習は、とにかく苦痛だったようです。

Matt:「野球がやりたくなくて、毎日涙を流していました。」

そんな姿を知ってか、小学校卒業の時に父親からこう言われます。

父・桑田真澄:「マットの人生なんだから、自分が本当に好きな方を選んでいいよ。」

Mattさんは即答で「音楽をやる!」と返答。

しかし、その後も父・桑田真澄さんは「この足は野球向きだな~。バット、握ってみるか?」など、さりげなく声をかけてきたのだとか。

指が長くて長身。おまけに体格も良くて野球センスもある。父・桑田真澄さんも悔しさに涙を流していたかもしれませんね。

番組では、音楽の道へ進んだMattさんへの思いを明かしました。

父・桑田真澄:「下半身がすごく強い。パワーもある。楽しみだと思ってました。もったいないな~と、音楽にはこの足は関係ないしな~と思う。」

今でもMattさんの野球界入りを悔やんでいる!?

しかし、優しい桑田真澄さん。最後にMattさんにエールを送りました。

父・桑田真澄:「勝負の世界で生きてきたけど、実力がないと駄目なんですよね。音楽の世界でもそう。とにかく、実力を付けて楽しい人生を歩んでもらいたい。」

父・桑田真澄さんとMattさんは2人で食事に行くこともあるとか。Mattさんが出演するテレビ等すべて観てくれているそうです。

「もう少し、こう話した方がいいんじゃない?」「ちょっと白くしすぎじゃない?」とアドバイスされることも。

しかし、こうして父親の愛情をたっぷり感じているからこそ、思い切って自分の道を進めるのでしょうね。

 

Matt(マット) インスタで父親との写真公開!【画像】

2020年4月1日、Mattさんが自身のインスタグラムを更新。父・桑田真澄さんとのツーショット写真を公開しました。

Mattさんと父・桑田真澄さんが顔を寄せ合っており、仲良し親子といった様子。バースデーケーキには5本のロウソクが立てられています。

Matt:「細やかですがお祝いしました パパ誕生日おめでとう」

自分の進みたい道を応援してくれた父親。過去の苦悩は忘れてしまうでしょうね。文章後にはハッシュタグをこのように付けています。

「#これは本当の話 #4月1日はパパの誕生日 #エイプリルフールだけど #嘘つかないよ #おめでとう」

エイプリルフールが誕生日という父・桑田真澄さんに向け、温かいメッセージでお祝いしました。素敵な写真ですよね。

 

Matt(マット) 母親の名前・職業・本

Mattさんの母親の名前は、桑田真紀(くわた まき)さんといい一般の方。職業は、元JALのCA(客室乗務員)をしていました。現在はMattさんのマネージャー。

母親が元CAということもあり、Mattさんは自身のインスタグラムにてCAの制服姿の画像を投稿したこともあります。

なんだか大好評だった

CAシリーズ

実はママ、JAL元CAです

#もしMattがCAだったら
#良い空の旅を

2021-09-05

さらに、母・桑田真紀さんはMattさんの子育てを著書にして出版しています。

「あなたはあなたのままでいい 子どもの自己肯定感を育む桑田家の子育て」

著:桑田真紀 2021年4月14日出版

 

Matt(マット) 母親の出版本とは

子育ては、時代が移るにつれ変わりゆくもの。Mattさんの母親は、令和時代の子育てのヒントとして出版本を発売されました。

父親のみならず、兄の真樹さんも野球選手。野球ファーストの家庭で育ったMattさんですが、今は自身の好きな道で活躍しています。

そんなMattさんを支えるべく、どんな時も母親は見守ってきました。母・桑田真紀さんが大切にしてきた「子供への声かけ」や「子供との関わり方」などが詰まっている一冊です。

第1章「野球をやらないなら、家を出ていかないといけないんでしょ?」~野球ファーストという「見えない物差し」~
第2章「Mattはどうしたいの?」~先回りしない子育て~
第3章「僕は大丈夫だから」~好きの熱量が子供を強くする~
第4章「あなたはあなたのままでいい」~子どもは親と別人格~

今回の書籍出版は、Mattさんの「ママ、やってみたら?」という言葉がきっかけとのこと。母・桑田真紀さんが、この本に込めた思いを明かしています。

私はなにかの道を極めたプロでも、ましてや教育者でもありません。ですので、この本は決して「子育てはこうすべき!」といった、アドバイスの詰まった育児書ではありません。本書を子育てをしてきた一人の母親の育児回顧録として読んでいただければ幸いです。 僭越ながら、私の経験が、今、子育ての悩みや迷いをお持ちのかたの一助になったら、これほど嬉しいことはありません。

引用:2021-04-12「PRTIMES」Matt母が語る子育て回顧録『あなたはあなたのままでいい~子どもの自己肯定感を育む桑田家の子育て~』が発売!

これまでメディアに登場することはほとんどありませんでしたが、母・桑田真紀さんは、2022年10月2日放送のTBS「週刊さんまとマツコ」に出演しています。

 

Matt(マット) 母親が熱弁「週刊さんまとマツコ」

TBS「週刊さんまとマツコ」では、2022年9月25日と10月2日の2週に渡り、Mattさんがゲスト出演!

9月25日は、明石家さんまさんを「赤ちゃん美肌」にするためスキンケアを伝授。67歳、ゴルフ好きのさんまさんは一切スキンケアせず…

明石家さんま:「粉をふいている時がある。」

マツコ:「私が知っている人の中で、(Mattは)一番肌がきれい。」

Mattさんは、朝晩それぞれ全10工程を1時間半かけ、毎日欠かさずスキンケアしているといいます。

さんまさんは「シートマスク」など3つのスキンケア、マツコさんは気になっていた「脱毛」を初体験しました。

2週目の10月2日には、母親が登場!Mattさんがテレビではまだ言ったことがないエピソードを告白&自宅を大公開!

この放送回で母親がテレビ初登場しています。

◇ 番組内容 ◇

「母親は現在、事業の手伝いをしている(Mattさんのマネージャー)」

「Mattが、バッシングを受けていた時の様子を明かす」

「母親がMattのスゴさを熱弁!」

さらに、番組ではMattさんが 28年住んでいる実家を紹介!

 

Matt(マット) インスタで母親との写真公開!【画像】

Mattさんが2020年9月10日、自身のインスタグラムを更新。母親とのツーショット画像を公開しました。

「この間ママと久しぶりに写真撮った いつも一緒だと写真ってあんまり撮らないね」とコメントしています。

前日、Mattさんはインスタグラムのストーリーズで、母親との写真を公開。「美人だ」と注目されていました。

ハッシュタグを「#なんだかニュースにまでなって好評だったので」と付け、同じツーショット写真をフィード投稿しています。

母親の顔は隠されていますが、美人に間違いなし!

Mattさんは「(僕は)9割ママの遺伝ですw 脚の長さとか髪質とかほんとに感謝」と話しました。

母・桑田真紀さんは、Mattさんの強い味方ですね。今後、親子二人三脚での活躍を応援します。

-芸能

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.