GACKT 涙の理由【画像】"ガッ君が待ってる" 上杉謙信の批判を救った恩人・緒形拳

投稿日:

スポンサードリンク


5月2日放送のフジテレビ「直撃!シンソウ坂上SP」では、
GACKTさんに密着取材しています。

2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」で、
上杉謙信役を演じましたが、
当時、かなりバッシングを受けたGACKTさん。

その時の苦悩を大物俳優・緒形拳さんに
救われたと言います。

涙を流しながら当時を振り返りました。


出典:フジテレビ「直撃!シンソウ坂上」

プロフィール


本名・大城ガクト(おおしろ がくと)

生年月日・1973年7月4日

年齢・45歳

出身地・沖縄県

血液型・A型

身長・180cm

学歴・愛知県立守山高校卒業、京都学園大学中退

高校卒業後にバンド「Cains feel」を結成。

知人の紹介で、MALICE MIZERのメンバーと出会い、
加入することで上京しました。

1995年~1999年まで、2代目ボーカルを務めています。

2007年、NHK大河ドラマ『風林火山』で上杉謙信役として出演。
自宅には鎧一式が飾られていますよ^^

2017年、自身のブログで "仮想通貨事業
(ICOプロジェクト「SPINDLE」)"をしていると公表。
収入源の1つになっていそうですね。

2019年、映画「翔んで埼玉」が大ヒット。
役者としても健在です!

スポンサードリンク

上杉謙信の批判を救った恩人・緒形拳


GACKTさんは自身の仕事に対して、

「役者はメインではない」と言います。

しかし役者を続けるには、ある理由がありました。

2007年、NHK大河ドラマ「風林火山」
上杉謙信役に挑戦。

あの大物俳優・緒形拳さんと共演したことで、
俳優を続けているんだとか。

当初、上杉謙信役のポスターが貼りだされると
長髪でビジュアル系の姿から、

「こんなの上杉謙信じゃない」
など多くのバッシングを受けました。

これから頑張ろうと思っている矢先、
精神的に追い込まれますよね。

「本当にツラかった」

そんな胸の内を知り緒形拳さんは、

「 "緒形拳が(GACKTは)できている" 
そう言ってるんだ。自信を持ってやれ」

「大丈夫だよ、パパが付いてる」

こういった言葉に心から救われたと言います。

緒形拳さんを口説くシーンの時には、

「ガッ君な、今の演技じゃあ、俺は口説けん」

「本番までにしっかり仕上げてこい」と叱咤激励。

役者としての心意気や演じ方を教わり、
父親のように慕っていたそうです。

「せっかく(緒形拳さんに)教えていただいたことなので」

役者を辞めるというのは裏切りに感じるとのこと。

緒形拳さんのおかげで、
初めて誰かのために頑張ろうと思えたんだとか。

撮影終了後も、2人の付き合いは続いていました。

温かい人柄の緒形拳さんと

出典:フジテレビ「直撃!シンソウ坂上」


しかし1年も経たないうちに、
緒形拳さんは肝臓ガンのため、71歳で他界。

しばらく、
何も手につかない状態になったといいます。

亡くなる1週間前に、
蕎麦屋に行こうと約束していたGACKTさん。

涙を流しながら話す姿、
悔しさと悲しみの深さが伝わってきました。

さらに、亡くなった後で知らされた衝撃の事実。

実は当時、緒形拳さんは体調不良にも関わらず

「ガッ君が待ってる」

と言い、ツラい表情は一切出さず
無理をして撮影に来ていたんだとか。

「俳優を続けるのは、緒形拳さんにもらったものを
止めたくないから。それだけ。」

GACKTさんもまた、緒形拳さんの笑顔を見るために
現場に行くのが楽しかったそうです。

「今も心の底から会いたいと思える人」

弱い姿を見せず、
いつも凛としたカッコいいGACKTさんですが、
熱く込み上げ、声を震わす場面は、
真のGACKTさんを見ることができた気がします。

フィリピンで、
「ストリートチルドレンの独立支援プロジェクト」
を立ち上げ活動しているGACKTさん。

尊敬もできるアーティストですよね。

スポンサードリンク

-芸能

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.