【映画】 「アバター」 続編!あの男が生き返る!!

更新日:

スポンサードリンク

 
ジェームズ・キャメロン監督のアメリカ映画。
メガヒットした「アバター」の続編を少しだけお伝えします!

2009年に、まだ駆け出しの3D映像で劇場公開され、
実際に物語に入り込んだかのような作品で注目を集めましたね。

これ以降、3D映画が増えていきました。
続編が気になる方は多いのではないでしょうか。

N0022031

「アバター」の魅力

  
「アバター」とは人間とナヴィのDNAを融合して開発されました。
青い肌をしたあの体のことで、この体にDNAを提供した人間の精神を
リンクさせて操作します。

ジェイクの兄は、アバター計画にDNAを提供していました。
兄が参加できず、代理としてアバター計画に参加する弟のジェイクは
このアバターを操作することが仕事になります。

海兵隊時代に負傷したジェイクは脊髄損傷により車イスを使わないと
動くことができません。でも、アバターを操作している間は車イス無しで
自由に動けます。

ジェイクはアバターを使い、次第にナヴィの世界に入りこんでいきます。
その自由な体と新鮮な幻想的な世界に魅了され、
体も心もアバターに移り変わっていく姿が魅力ではないでしょうか。

歴代興行収入の記録

  
当時、世界興行収入も歴代1位の約2385億円を記録しています。

「アバター」は、「タイタニック」が約1年半かけて達成した記録を、
公開後たった39日間で塗り替えているんです!

速いスピードで達成し、映画の歴史に名前が残る作品となりましたね。
ジェームズ・キャメロン監督は、全世界歴代興行収入1位と2位を独占
という今までにない快挙を遂げました。

この「アバター続編」でさらに伸びることになりますね。

スポンサードリンク

続編の裏事情

  
「アバター」公開前から、実はキャメロン監督は。。。
本作が成功したら続編を製作したいと言っていたんです。

主演の俳優サム・ワーシントンが、続編2作分の出演契約を
もうすでに済ませているようです!

監督は、この映画に対して、

「自分がワクワクするような内容を少し、同時に良心を持った作品で
 映画を楽しみながらも、自然界とのかかわり、人間同士の関わり方
 について、人々を多少なりと考えさせるような作品を製作したい」

と言っています。

続編を3部作にするということは、かなり前から決まっていたんですね。
第一弾は2016年12月に。第二弾は2017年12月。第三弾は2018年に
予定しているそうです!

続編の内容とは!?

  
続編では、2009年の「アバター」で最後に胸に矢が刺さり死んだはずの
クオリッチ大佐が復活するかもしれません!

クオリッチ大佐役のスティーヴン・ラングの出演が決定のようです!
監督にはクオリッチ大佐を生還させる計画があるようですよ。

続編の第一弾の撮影は、2014年10月からスタートします。

なにわともあれ、2009年の「アバター」を上回る映像と音楽と感動と。。。
監督やスタッフもプレッシャーがかかるところですね。

第一弾(2016年)頃には、メガネをかけずに3Dを観られたりして。。。
最近の映画はスマホ連動で、振動と音も楽しめますね。

どんな映画になるか、かなり楽しみですね。

スポンサードリンク

-映画

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.