川島なお美 夫は映画「チャイ・コイ」のフルヌードを許可?ワイン以外は手抜き?

更新日:

スポンサードリンク


美熟女の中でもトップクラスの川島なお美さん(53)。
7日公開の映画「チャイ・コイ」で、13年ぶりにフルヌードを披露。
今もその妖艶な美しさは変わらないようです。

川島なお美さんといえば「私の体は、ワインで出来ている」と、
大のワイン好き。でも「ワイン以外になると表現が手抜き」のようで
「有吉反省会」に登場しました。

映画共演の韓国人俳優 イ・テガンさんと ↓

Cobs_83452_1_s

出典 excite.ニュース

夫は映画「チャイ・コイ」のフルヌードを許可?


川島なお美さんは1997年「失楽園」や2000年「メトレス・愛人」という
映画で、美しいヌード姿を披露し注目を集めました。

2009年2月にパティシエの鎧塚俊彦さん(48)と入籍してからは、
やはり夫に気づかって、露出を控えたのでしょうね。13年過ぎても、
今回のフルヌードの仕事は、夫の立場を深く考えたようですよ。

◇映画「チャイ・コイ」ストーリー(以下引用)

「岩井志麻子の同名官能小説を実写化した同作は、孤独を抱える女性と
韓国人青年の激しい愛を描いた作品。タイ・バンコクを訪れた小説家の
麻衣子(川島)は韓国人のムエタイボクサー・ハヌル(イ・テガン)に出会う。
言葉が通じないながらもハヌルにガイドを頼んだ麻衣子は、
立ち上がる欲情を抑えきれずに激しく体を求め合う」

53歳にしてこのような役を演じられるのは、やはり川島なお美さんですね。
映画はR-15指定だそうです。

「女性目線でエロティックな官能的な作品」と
川島なお美さんは、女性に観賞してほしいと言っています。

夫の鎧塚俊彦さんは、映画でのフルヌードをすんなり許したのでしょうか。

(以下引用)
「迷って断ろうとしていた時に、主人に『ラブシーンが多いんだって。
嫌だよね?』って聞いたら、『構へん。俺も壇蜜に生クリームを絞る仕事
とかが来たら、やらせてもらう』と言われた」
と夫でパティシエの鎧塚俊彦氏とのエピソードを披露し、「本当はダメって
言いたいところを、女優の夫として我慢してくれたことに感謝してます」

心の広い旦那様ですね。返しもセンスがあって面白い^^
「女優の夫として我慢してくれた」という川島なお美さんもまた、
夫を思いやっていますよね。

鎧塚俊彦さんは、こういう役柄で「女優・川島なお美」の魅力が
引き立つことを理解されているんでしょうね。

映画は7日から公開されています。女性同士、誘い合うと
観た後に盛り上がって楽しめそう?ですね!

スポンサードリンク

ワイン以外は手抜き?


川島なお美さんといえば、芸能界きってのワイン好き。

そして夫の鎧塚俊彦さんが病気で片目を失明後も献身的で話題です。
131226_1609

ワインを一口飲めば、詩的な表現でコメント。
「生まれたての少女のような感じ」「自立した高貴な志を感じる」

でもブログのグルメコメントは「雑」なようですよ。
「このお好み焼き、宇宙一」「この餃子、世界一」
ワインに力を注ぎすぎて、丁寧な表現が面倒くさいようです^^;

でも夫婦生活において、コスプレは面倒くさくないようですよ。
旦那様にサプライズで、バニーガールになるとのこと。

フルヌードは映画公開ですけど、バニーガール姿は旦那様だけの物、
ですね^^

「有吉反省会」での「みそぎ」は「宇宙一 臭い物を食べる」でした^^
シュールストレミングという魚のシニンを発酵させた物。

「納豆・チーズ・生ゴミが一つ屋根の下で暮らし、
ケンカして爆発した香り」と詩的に表現していましたが
臭さに悶絶していました^^;

今後も年齢を感じさせない色気で、色んな表情を見せてほしいですね。

スポンサードリンク

-映画

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.