カルーセル麻紀 若い頃【画像】現在の生活を「徹子の部屋」で告白!

投稿日:

 

元祖ニューハーフタレント、カルーセル麻紀さん。

2021年2月26日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」に出演しました。

脳梗塞で緊急入院したことを激白。その後の生活とは?

白髪姿にした理由も明かしています。

 

カルーセル麻紀 若い頃【画像】

2021年2月26日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」では、78歳にして13cmのピンヒールを履き、45年前に初出演した時と同じドレスで登場!

胸の谷間が見える衣装は、1976年の時と変わらず魅力的で素敵でした。

 

「徹子の部屋」1976年の初出演時、34歳頃

出典・テレビ朝日「徹子の部屋」月曜~金曜ひる13時放送!

カルーセル麻紀 若い頃、父親への反発で家出

厳格な父親の元で育ったカルーセル麻紀さん。父親におびえ常に怖かったといいます。

15歳で家出し、ゲイバーやショーパブに勤めました。大阪の「カルーゼル」というお店に勤めていたことから、芸名を「カルーセル」に。

「麻紀」という名前はこの時の源氏名だったそうです。この19歳の時に去勢手術を受け、芸能界デビュー。

25歳の時、楽曲「愛してヨコハマ」で歌手デビューを果たしました。

ゲイになった自分を認めてくれず、仲が悪かった父親とは30歳の時に和解。両親と一緒に箱根へ家族旅行に行ったといいます。

父親は享年77歳で他界。遺品整理をしていると、カルーセル麻紀さんの楽曲レコードが大量に出てきたとのこと。

当時、あらゆるレコード店を回り、カルーセル麻紀さんのレコードを買っていた父親。実はずっと気に留めていてくれたようですよ。

 

スポンサードリンク



 

カルーセル麻紀 プロフィール

本名・平原 麻紀(ひらはら まき)

出生名・平原 徹男(ひらはら てつお)

生年月日・1942年11月26日

年齢・78歳 (2021年2月時点)

出身地・北海道釧路市

血液型・A型

身長・157cm

学歴・釧路北中学校卒、北海道釧路北陽高等学校中退

大阪の「カルーゼル」に勤めていた時、市川猿之助氏の紹介で日劇ミュージックホールに出演。

以後、舞台や映画、テレビなどで活躍しています。

【 映 画 】

1968年「新宿そだち」、1974年「カルーセル麻紀 夜は私を濡らす」

【 ドラマ 】

1969年「女殺し屋 花笠お竜」、1978年「西遊記」 第1話 乙姫役

1972年、モロッコで性転換手術を受け、2004年には戸籍上の性別を女性に変更しています。

 

カルーセル麻紀 現在、脳梗塞の病気でグレイヘアに!

2021年2月26日放送の「徹子の部屋」では、15歳以来というショートカットを披露。さらにグレイヘア!

しかしこの大変身には驚きの理由がありました。

2020年4月、コロナ禍の自粛期間中に友人の金魚さんから電話。集中治療室に居たと号泣していたとのこと。

カルーセル麻紀さんは、北海道に住む妹にそのことを伝えるために電話。

カルーセル麻紀:「気が動転して、なぜだか分からないけど(妹に)・・・」

そこで妹から「しゃべり方がおかしいよ」と言われ、電話口の近くにいた看護師の姪っ子と変わり会話。

“すぐに救急車を呼んで! それ脳梗塞だから!”

こう言われたカルーセル麻紀さんは、これから食べようとしていたピザに後ろ髪をひかれながら救急車に。

 

カルーセル麻紀:「自分は(脳梗塞だと) 知らなくて。でも夜、テキーラ飲もうと思ったら口からこぼれるんですよ。」

病院に着くとコロナの検査、その後 MRIを受けたといいます。結果は幸い早期発見で軽症。

カルーセル麻紀:「お医者さんが軽くて良かったですねって。」

手術した翌日に帰りたいと伝えたそうですが、さすがに無理だと医師に言われ・・・

カルーセル麻紀:「3泊4日で帰ってきましたけどね(笑)」

 

入院生活中は髪を洗うことができず、ロングヘアがうっとうしくなったといいます。退院後、すぐに美容院でショートヘアに。

今は染めることもやめ、とても楽になったとのこと。

病気を期に白髪スタイルにしたカルーセル麻紀さん、グレイヘアも品があり素敵ですよね!

 

【 友人、金魚さんのインスタグラムより 】

 

カルーセル麻紀 現在の生活

2020年1月24日の「婦人公論」では、このように明かしています。

カルーセル麻紀:「若い頃は3ヵ月ごとに男をとっかえひっかえしてたけど、65歳を過ぎたあたりから、さすがに恋愛はもういいやって感じよね(笑)」

恋愛は卒業したようですが、テレビを観たり麻雀をしたり読書をしたり、自分の好きなように生きているとのこと。

1か所の汚れが気になって、連日朝からずっと自宅の掃除をしてることもあるようです。

 

2021年2月26日放送の「徹子の部屋」では、2020年に5回目の足の手術を受けたことも告白。病名は “閉塞性動脈硬化症”。

足の血管が詰まってしまったそうです。運動するにもコロナ禍で外にはなかなか行けない現状。自宅で頑張っているようですよ。

カルーセル麻紀:「自宅の階段を上ったり下りたりしてますよ。」

現在、85歳の兄弟(次女)と暮らしているそうで、一緒に飲んだり食べたり仲が良いんだとか。

 

カルーセル麻紀さんの家は豪邸。2軒保有しているとのこと。

カルーセル麻紀:「一軒は事務所で、一軒は衣装部屋にしてるんですけど。もうイヤになる。荷物で。人間関係は削っていってます。」

終活も色々と考えているようですね。

人間関係を削っているようですが、美川憲一さんが送ってくれたフェイスシールドがとても嬉しかったんだとか。

カルーセル麻紀:「いい所あんの。もう本当に(私の周りは)いい人たちばっかり。」

今も変わらず色気のあるカルーセル麻紀さん。今後もコロナに気を付け、健康第一で過ごしてほしいですね。

 

スポンサードリンク

-芸能

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.