堤清二氏 死去 セゾングループを築き、作家でも活躍

更新日:

スポンサードリンク


あの大手、セゾングループ創業者で「辻井喬」という作家名で
小説や詩人としても活躍した堤清二(つつみ・せいじ)さんが
25日、死去されました。

86歳、昭和の時代を築き上げた貴重な方が
また一人・・・偉大な方だったようです。

96958A9C93819695E0EAE2E09C8DE0EAE3E3E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO6325769028112013I00001-PN1-12

経   歴


堤氏は、東京都出身。
1951年に東京大学を卒業されています。

当時、衆院議長だった父親・西武グループ創業者の堤康次郎氏の秘書を
務めあげ、1954年に西武百貨店(現そごう・西武)に入社しました。

1964年の父親の死去にともなって、西武百貨店など西武グループの
流通部門を受け継がれました。

一家で大手グループの経営を担っていたのですね。

1970年に異母弟の義明氏が率いるグループ本体から独立し
西武流通グループ(のちのセゾングループ)を立ち上げました。

生活総合産業100社以上を率いる大手企業グループに成長させました。

セゾングループ退任後


1991年、セゾングループ代表を辞めた後は
解体に向かうグループの行方を常に気にかけていたようです。

義明氏が逮捕され、西武鉄道グループの再編問題が浮上。
異母弟の猶二氏と西武鉄道の買収を提案し、
創業家メンバーとして活動されていました。

スポンサードリンク

作家として


「辻井喬」という名で小説や詩人として多数の作品を発表されています。

1991年以降は、作家活動に力を注ぎ、
1993年、詩集「群青、わが黙示」で、高見順賞を受賞。
1994年、小説「虹の岬」で、谷崎潤一郎賞を受賞。
2004年、「父の肖像」で、野間文芸賞を受賞されました。

作家として、これだけ受賞するのは至難の業ですよね。

そして1998~2000年には、日本経済新聞朝刊に小説「風の生涯」
を連載され、美術館開設など文化事業にも力を入れていたようです。

こういった偉大な方が年配になり、去っていかれたと耳にすると、
若い人たちはより一層、日本を支えていく勢力を
養っていかなければと肝に銘じますね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

-芸能

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.