木村拓哉は自宅で「ジジイ」マツコと高校の同級生時代を語り合う!

投稿日:

スポンサードリンク

 

国民的スターの木村拓哉さん。

実はマツコ・デラックスさんと同じ高校の同級生でした。さらにマツコさんは木村拓哉さんの自宅に招かれ、ある実態を知ったとのこと!

2020年4月放送のテレビ朝日「徹子の部屋 45周年突入SP」で、木村拓哉さんとマツコ・デラックスさんが夢の共演を果たしています!

 

木村拓哉とマツコ・デラックスは高校の同級生!

出典・テレビ朝日「徹子の部屋」月曜~金曜13時から放送!

 

木村拓哉 プロフィール

本名・木村拓哉 (きむら たくや)

生年月日・1972年11月13日

出身地・東京都

血液型・O型

身長・176センチ

学歴・千葉県立犢橋(こてはし)高等学校から都立代々木高校に転入し卒業

 

初めての出会いは高校の自転車置き場!?

木村拓哉さんとマツコ・デラックスさんは千葉県立犢橋高等学校に通い、高校1年生の時に出会っています。

マツコ:「クラスは違うけど、学年は一緒でした。」

木村拓哉:「同じ学び舎に一年間通ってました。」

木村拓哉さんは2年生になると芸能活動を本格的に始めるため、東京の代々木高校に転入しました。

 

木村拓哉さんは犢橋高校時代、バスケ部に所属。マツコさんがしゃべっていた仲の良いバスケ部の友達の横に木村拓哉さんがいて、少し会話したのが初めての出会いだったとか。

マツコ:「(高校の) 自転車置き場で会ってる(笑)」

当時は1、2回、こうして出会っただけですが、今では2人とも芸能界には欠かせないビックスターに!

 

同級生時代は2人とも大人しかった

木村拓哉:「(マツコは) こんなにデカくなかったです。」

マツコさんは当時から巨体ではあったものの、現在のように驚くほど大きくなかったんだとか。

マツコ:「もうちょっと社会に溶け込んでました(笑)」

2人に同じ制服を着て通学するという可愛い時代があったのですね。

木村拓哉:「(当時のマツコは) 目立ってはいなかったんじゃないかなと思います。」

マツコ:「おとなしくしてましたよ。この人 (木村拓哉) もそうですよ。いるだけでカッコいいけど、普通に過ごしてましたよ。」

 

高校時代から木村拓哉さんはやはりカッコ良かったようで、可愛さもあったとのこと。

マツコ:「可愛さが残ってましたよ。“かわいい~”っていう。」

木村拓哉:「何で上から目線なんだよ(笑)」

当時はそんなに親しいわけではなかった2人。会話する姿を見ると、今では本当に仲が良さそう!

こうして親しくなったのはお互いに深い共通点があり、尊敬しあっているからかもしれません。木村拓哉さんはマツコさんについて熱弁しています!

 

スポンサードリンク



木村拓哉がマツコへの思いを熱弁!

今やテレビで見ない日は無い大人気のマツコさん。木村拓哉さんはどのように見ているのでしょうか。

木村拓哉:「これは本人にも言ったんですけど、色んな局で番組を持たれて発言力というか、世の中がある物に対してなかなか言えないことを “全部マツコに言わせてるな” と僕は第三者として見てて。それを背負っていることは大変だなと。」

マツコ:「(よく木村拓哉が) おつかれ様って労ってくれます。」

マツコさんは毒舌のようでそれとは違い、ズバッと共感することを的確に指摘してくれますよね。

 

木村拓哉:「相当な覚悟をして色んな発言を1つ1つしてるんだろうなと。でもそういう発言ができるのはマツコでけなんで。だからマツコが番組をやってると、結構観ちゃいますね。」

マツコさんをテレビで見かけると、つい何を話してるのかなと見入ってしまいますよね。今では私もマツコさんを見たくてチャンネルを変えるほどになりました。

木村拓哉さんも “マツコの世界” に惹き込まれているようです!

言うまでもなく木村拓哉さんも大注目されるトップスター。トップスター同士だからこそ共感する部分が多く、尊敬しあっているのでしょうね。

 

マツコがキムタクを「同級生」だと隠していた理由

マツコさんは芸能界でビックになっていく木村拓哉さんの存在をずっと知っていました。

しかし公言したのは、マツコさんが芸能界に入ってしばらくしてからのこと。

マツコ:「キラキラしたところに生きてる木村拓哉に、私から本人に言うのは申し訳ない、悪いなって思って。」

実は日頃から控えめで、気づかいをするマツコさん、体は大きくても謙虚。そんな姿が人気の理由かもしれませんね!

2人は2011年に初めてCMで共演し、「同級生」について会話したといいます。

 

木村拓哉:「おまえ本当にオレと同じ学校行ってた?」

マツコ:「行ってたわよ。」

すでに記事には勝手に書かれていたようですが、マツコさんは本人に会うまで自分から番組などで公言するのは控えたそうです。

今ではこうして堂々と言えるようになって良かったと笑顔で明かしました。

 

マツコ、キムタクの自宅で「ジジイ」を見た!

日頃、プライベートで会うことはめったに無いという2人。しかし過去にはマツコさんが木村拓哉さんの自宅に招かれたといいます!

マツコ:「家は立派ですけど普通の家ですよ。びっくりするぐらい。」

木村拓哉:(笑)

マツコ:「この人、ほんとオーラ無くなるんだよね~家だと(笑) いいお父ちゃんみたいになっちゃって。」

いつもカッコいいキムタクも肩の力を抜く場所は自宅。やはり家が一番落ち着くのでしょうね。

 

木村拓哉:「まあ来てくれて、自分の生活スペースにマツコがいるのが嬉しくもあり、おかしくて(笑)」

マツコさんもさすがに木村拓哉さんの自宅に招かれ緊張したでしょうね。手土産にかなり悩んだとか。

木村拓哉さんの自宅に着いてすぐ、マツコさんはテレビの横に「かわいいでしょ~」と言いながら、“赤べこ” を並べ始めたといいます。

マツコ:「それも4つ。」

木村拓哉:「もっとだよ! サイズ違いでバララララッて(巻き舌)。」

 

夜6時から夕食を共にしたマツコさん。11時になっても食べ続けていたとのこと!

木村拓哉:「それに合わせて飲んでたら酔うじゃないですか。自分の家ですし、酔ったら眠くなるじゃないですか。で、横になろうとしたら (マツコが) “寝てんじゃね~よ、ジジイ” って始まって~ 」

マツコさん、5時間も飲みながら食べ続けたのですね(笑) さすがの木村拓哉さんもグロッキー。

マツコ:「家では本当にいいお父さんなのよ。ソファーで寝転がってる姿が “ジジイだな” と思って(笑)」

 

さらに自宅では木村拓哉さんの娘、CocomiさんとKōkiさんの姿も。マツコさんは大絶賛しています。

マツコ:「1人くらいブスだったら面白いじゃない?もうね、非の打ちどころがないくらい2人とも可愛くて、“なんだこのやろう” って思うくらい本当に可愛い。」

木村拓哉さんは娘たちの立派な父親でもありながら、歳の離れた友達のような感覚で接しているそうです。

 

娘のCocomiさんとKōkiさんは昔から、世間一般のお父さんと同じようにゴロゴロし肩の力を抜いた姿や、カッコ良く活躍する木村拓哉さんを見てきたのですね。

「徹子の部屋 45周年突入SP」はマツコさんのおかげで、木村拓哉さんの日常を知ることができ楽しい番組となりました。

2020年6月18日木曜夜9時より、ドラマ「BG〜身辺警護人〜」がスタート。

しばらくカッコいい木村拓哉さんが観られますよ!楽しみですね!!

 

スポンサードリンク

-テレビ

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.