香山美子 (女優) 現在の思い、夫を偲ぶ「徹子の部屋」息子・将光の優しさ

投稿日:

 

昭和の名女優、香山美子さん。

11月6日にテレビ朝日「徹子の部屋」に出演し、2年前に他界した亡き夫・三條正人さんを偲びます。

香山美子さんには子供が1人。いまだ独身!?

優しい息子さんについてもお伝えします。

香山美子さんは、あの有名なリカちゃん人形のモデルです! ↓

 

プロフィール

香山 美子(かやま よしこ)

 

旧芸名・渡辺 紀子

生年月日・1944年1月1日

年齢・75歳

出身地・東京都練馬区

血液型・O型

身長・160cm

学歴・私立富士見高等学校

 

経 歴

子供の頃、“劇団こまどり”(現在:グループこまどり)に入団し、子役として活動していました。

1961年、高校生の時に準ミスエールフランスに選ばれます。

その後、松竹に入社し、映画「ご機嫌はりきり娘」で女優デビュー。

1960年代より、映画やテレビドラマで活躍し続けました。

大川橋蔵さんが主演を務める「銭形平次」では、3代目の平次の妻・お静を演じており、注目を集めています。

いつも着物姿で、しっとりとした印象の役柄が多く、素敵です。

 

若い頃は酒豪!? 

役柄ではしっとりしていても、性格はサバサバしているそうです。さらにテキパキとした行動派。

そのためか過去に3度も骨折したといいます。

黒柳徹子さんに「二度あることは三度あるっていうから」と注意されていたとのこと。

しかし夫の最期を送った月命日に、居酒屋でお酒を飲み過ぎて自宅で転倒。これが3度目の骨折となってしまいました。

芸能界屈指の酒豪で、若い頃は洋酒を1日に1本空けていたんだとか。

意外な素顔に驚きですね。

 

私生活を明かす!

香山美子さんの私生活は謎です。Twitterやインスタ、プログなどは見つかりませんでした。

しかし! 日頃の様子が分かる記事を発見!!

2016年5月、私生活に言及しています。 ↓

 

香山美子:「今は流れに任せて、絵を描いたりジムに通ったりして楽しく暮らしていますね。油絵はもうかれこれ25年くらいやっていて本名で展覧会に出展しています。

私は今まで仕事をやりすぎたんです。プライベートな時間がまったく持てず、子供が生まれても傍にいてあげられなかった。

だから、死ぬまでカメラの前、舞台の上に立つという気持ちよりも、もっと力を抜いて、自分の人生を楽しみたくなったんです。」

本人が続々登場!あの「昭和の大女優たち」のいま(週刊現代)

 

このインタビューは夫・三條正人さんが亡くなる以前のものですが、2016年頃は油絵の趣味やジムで体力作りを行うなど、活動的だったようです。

女優としてあまり活動されなかったのは、こういった理由があったからなのですね。

 

リカちゃんモデルにも!

そんな香山美子さんは、あのリカちゃん人形のモデルなのです!

 

◇ リカちゃんのプロフィール ◇

本名:香山リカ

誕生日:5月3日

年齢:11歳(小学5年生)

性格:明るくてちょっぴりあわてんぼう

 

リカちゃん人形は1967年に発売されました。当時の人気トップ女優、香山美子さんがモデルに抜擢。俳優では加山雄三さんが人気を集めていました。

リカちゃんの苗字 “香山”は、香山美子さんの “香” と、加山雄三さんの ”山” を組み合わせたもの。

香山美子さんの “あわてんぼう” という性格が、リカちゃんにそっくりかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

夫を偲ぶ「徹子の部屋」

夫・三條正人への思い

香山美子さんの夫・三條正人さんは、「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」のボーカルとして活躍する歌手でした。

「ラブラブショー」という番組に出演したことで知り合い、2人は人気絶頂の中、1973年に結婚。ビッグカップルとして注目を集めました。

仲睦まじく夫婦生活を送っていましたが、2017年10月に夫・三條正人さんは、74歳で他界されました。

病名は悪性リンパ腫とのこと。

最期まで精力的だったという夫・三條正人さん。

亡くなる直前まで、舞台でマイクを握っていたそうです。

 

香山美子:「絶対に俺はよみがえるんだ、歌を歌うんだという意識だったと思います。行かれるはずのない仕事の話をしていたからビックリしました」

「いなくなりますが…きっと、これからもあの人とシンプルに生活していこう、と。魂はどっかにいると思うので…みんな旅立つんですから。こちらはそれを受け止めて、抱きしめていくしかない」

香山美子、夫の死に「早すぎます」|テレビ朝日

 

病室では、大好きな競馬の馬券を 亡くなる前日も購入していたんだとか。

生前は仕事が忙しく、夫婦互いにすれ違いの毎日を送ったといいます。

しかし夫が入院してからは生活が一変。

病室で待っている夫・三條正人さんに会いに行くことに、心ときめいたとのこと。

こうした気持ちは、日頃から夫の思いやりを感じて過ごしていたことのあらわれですね。今も近くにいるような、見守られているような、そんな毎日を送られていることでしょう。

 

もう1人の夫・大川橋蔵

香山美子さんは「銭形平次」で、大川橋蔵さんの夫役を14年間務めました。

大川橋蔵さんは1984年、55歳で他界され、今年で生誕90年となります。

香山美子さんの人生に欠かせない存在。

12月6日放送の「徹子の部屋」では、大川橋蔵さんが家族への熱い思いを語る過去の場面が流れ、妻・真理子さんが大川橋蔵さんのへの愛を寄せたVTRも。

愛する男性を亡くしたことで、妻の真理子さんの悲しい気持ちがよく分かるという香山美子さん。

亡き夫、三條正人さんへの思いを振り返りました。

ときには悲しみ、ときには前向きに、気持ちを切り替えながら毎日を過ごしているようです。

 

息子・将光の優しさ

香山美子さんと夫・三條正人さんの間には、子供が1人。

息子の将光さんは1983年生まれで、36歳になると思われます。

2016年5月のインタビューで、息子についてこのように話していらっしゃいました。

 

香山美子:「それが(実家の)居心地がいいようで、まだ独身なんですよ。そういう意味では楽しくこき使われています(笑)。

時々、息子が飲み屋から『一緒に飲まない』と、電話をかけてくるんです。息子にとっては、親孝行のつもりなのかもしれません。

33歳になっても仲良くしてくれるのは嬉しいですね。息子の職業? 普通の会社員です。」

本人が続々登場!あの「昭和の大女優たち」のいま(週刊現代)

 

母親思いで、優しい将光さん。

夫・三條正人さんが他界された際も、心の支えになったことでしょう。

若い頃は女優として、国民に元気を与えてくれた香山美子さん。

今はプライベートの時間を大切に、ゆったりと過ごしてほしいですね。

 

スポンサードリンク

-芸能

Copyright© NEWS!エンタメライン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.